進化するインスタグラム「弱点」を克服できるか①

投稿日:

インスタグラムは写真がメインのSNSと講座で紹介します。

今回はインスタグラムで発信する側の、弱点と、その克服方法について考えてみました。

 

考えられる弱点は2つあります。

1.長文読んでもらうことに向いていない

2.URLはプロフィールに1つしか投稿できない

 

1つめ。
インスタグラムのキャプション(文章欄)は2,200文字まで投稿可能ですが、写真や動画がメインのSNSのため、文字は小さく読みづらいです。

それにタイムラインでは、2行くらいで「…続きを読む」という表示が出ます。

 

これは一つのハードルかもしれません。
写真や動画に興味を持ってくれた人や、普段から交流がある人でないと「…続きを読む」は、なかなか押してもらえない気がします。

 

どうしてもこの文章を読んでもらいたい!

そんなときどうすればよいのか……

文字で訴えたいときの今ドキは、こんな投稿方法があります。文字をキャプションではなく、写真として投稿するのです。

 

文字の投稿で有名な「るってぃ(@rutty07z)さん」の投稿は、写真や動画の中で、ひと際目立っています。

 

フォントサイズや間隔も抜群にセンス良くて、とにかく読みやすい。百聞は一見に如かず。ぜひ、スマホで、フリックで読んでみてください。

 

そして文字だけの投稿がしたくなった方に、おすすめのアプリはこちらです。

Phonto

文字編集、サイズ、位置調整が簡単にできます。

iOSの方はこちら
Androidの方はこちら

 

SNSはサービスごとにそれぞれ特徴があり、住人カテゴリも異なります。

Facebookユーザー、Instagramユーザー、noteユーザー、どうすれば届いてほしい人に読んでもらえるのか、効率の良い発信ができるのか、これから必要になるスキルなのではないかと思います。

2つ目の「URLはプロフィールに1つしか投稿できない」は、また次回に。

 

ブログ筆者:森下 えみ
編集者:高橋 大希ち

Copyright© 株式会社インテルレート , 2013-2019 All Rights Reserved.