フリマアプリの販売手数料について考えてみた。

投稿日:

メルカリをはじめとするフリマアプリをいろいろ試しています。

これまで、ヤフオク、メルカリ、ラクマなど使ってきましたが、メインデバイスがパソコンからスマートフォンに変わって

直感的にさわれるか?ということかなり重要だなあと思っています。

 

私の個人的見解では「メルカリ」がダントツ素晴らしいです。アップデートのたびによくなっていたけど、
今(
ver 3.67.0)でほぼ完成形な気がします。

 

・商品の検索しやすさ

・出品するときの操作しやすさ
(特に修正したいときなど)

・取引中の手順の確認しやすさ

・売上金の手続きしやすさ

 

どの操作にしても「わかりやすさ」があり、かゆいところに手が届きます。

そしてCtoCの取引にありがちな、購入キャンセルとか評価してくれない(評価もらえないと入金されない)などのトラブルにも、メルカリ事務局は即返事をくれるので安心して利用できます。

販売手数料は他よりも高めの10%だけど、多角的にいろいろ見ていくと、10%の販売手数料を支払う価値は「ある」と私は感じました。

ちなみに↓
ヤフオク…8.64%(プレミアム会員の場合)
ラクマ…3.5% です。

そういえば、
フリマの中にもフォロー制度というものがありますが、ラクマのとある出品者のフォロワーをみると

「この出品者は詐欺です」
「先評価詐欺師」
「先振込み詐欺に注意」

↑※これすべてアカウント名です

この人から購入したくないと思うのはもちろんですが、一体何をしたら、このフォロワーさんがつくのか興味わく……。

 

メルカリは、こういうフォロワーついている人、見かけたことないんですよね。

CtoCにはtoBにはないお客様とのやり取りがあって、数日間のちょっとしたコミュニケーションの取り方も勉強になります。

 

ブログ筆者:森下 えみ
編集者:高橋 大希ち

Copyright© 株式会社インテルレート , 2013-2019 All Rights Reserved.